SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】第14弾カードパック「森羅咆哮」事前評価【雑記】

投稿日:

まもなく、第14弾カードパック「森羅咆哮」が追加されますね。

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございます。

 

いよいよ追加される第14弾カードパック「森羅咆哮」に収録される97枚のカードを、5段階(S~D)で評価していきたいと思います。

各カードの詳しい能力は、公式ホームページの方で確認できるので、そちらをチェックして頂ければと思います。→「Shadowverse【シャドウバース|シャドバ】公式サイト|Cygames

 

今回は、新タイプの自然が加わり環境予想が少し難しかったですが真剣に考えました、ご紹介させていただきます。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

ニュートラル

ニュートラルカード(9枚)

レアリティ カード名 評価 一言
L 母なる君 S 2面処理出来て、4/6守護が残る可能性が有るのが強い。
自然カードを採用しているデッキならクラスを選ばず使いやすい能力に思えます。
L シヴァ B 6コストとしてスタッツに問題が無く、14ターン目まで有利になるのが大きいと思いますが、終盤まで引けないと影響力が低いのが難点です。
G 荒野の案内人 A 2コスト2/2のメリット持ちなので、自然軸なら入れたいカードになると思います。
G 覇食帝の調理 A 3コストの5点除去だけでも使いやすいのに、1コス2点除去も手札に来る可能性が有るので使い易そう。
ですが、3枚採用は無さそう…。
S エクストリームキャロット B ナテラの大樹が場に有れば、無限リソースになる。
デッキは、選びそう…。
S 美食の伝道者 C バフ自体は悪くないが、採用デッキが無さそう…。
B ワンダーコック S 田舎の鉄板!
B スウィートディテクティブ D 「探偵の調査」を環境で見たことが無い…。
B 荒野の休息 B 2コスト2点回復1ドローになるので強そうだが、採用デッキを選びそう…。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

エルフ

エルフ(11枚+トークン1枚)

レアリティ カード名 評価 一言
L フェアリーブレイダー・アマツ S エルフの新フィニシャーとして期待できる。
L 回帰する抱擁・ラティカ S 進化権をちょろまかせて、2面取れるのが大きい。
大いなる回帰 S 潜伏も除去出来るのが便利。
G 豊穣の闘士・アイリーネ S 2面取れたり、体力8以下を一方的に取れるのが強い。
また、2回攻撃できるので相手にとっても残せないフォロワーになる。
G 萌芽の化身 A 自然エルフの2コスト枠として採用されそう。
S スピアーエルフ C 4コストで相手リーダに4点ダメージを与えられるが、採用デッキが無さそう…。
S ブルームスピリット A 新レジェンドのアマツと相性が良さそう。
S ナチュラル・マナ C 採用枠が無さそう…。
B 悪戯の精霊 A 使い勝手が良さそう。
B ブリッツエルフ B 中盤に進化権を節約できるのが便利そう。
B スケアリートレント B 自然エルフの2コスト枠として採用できそう。
B 対空射撃 S リノ強化!!!

 

 

▲目次へ戻る▲

 

ロイヤル

ロイヤル(11枚+トークン2枚)

レアリティ カード名 評価 一言
L 君臨する猛虎 S アクセラレートも本体も、どちらも強い。
L 王たる光・ベイリオン S 自然ロイヤルを支えるレジェンドとして期待できる。
王の一閃 S 1コストのバフカードとして優秀。
G 森の姫・ミストリナ B 本体自体は微妙…。アクセラレート運用がメインか?
輝ける剣撃 A 2コストの除去として優秀。
G 思わぬ躓き B デッキの構築次第である程度コントロールは出来るが、運要素を除去仕切れないので微妙かも…。
S 躍動する獣戦士 A 中盤に進化権を節約出来たり、終盤に顔を詰めれたりと便利そう。
S 必中の狙撃士・ワルツ A 2コストで出してもテンポを失わず、エンハンスや進化権で多面除去できるのが強い。
S ブレイブ・マナ B 自然ロイヤルなら採用されそう。
B シーフガール A 財宝カードをチョイスできるのが強い。
B レヴィオンの探索者 B レヴィオン軸のカードが少なかったので、活躍に期待したい。
B ハルバードウルフ A 自然ロイヤルの2コスト枠として優秀。
B 分身の術 S 疾走フォロワーを分身させるなど、色々悪さをしそう。
今弾でなくても、いつか環境を荒らすと思われる。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

ウィッチ

ウィッチ(11枚)

レアリティ カード名 評価 一言
L 極点のエレメンタル S ライリーの直接召喚の条件を満たすために必要不可欠。
L 魔人の使役者 A ランダム要素が強めだが、どれが来てもそれなりに強そう。
G エレメントシャーマン・ライリー S 自然ウィッチのフィニシャーとして期待できる。
G カオスウィザード A ほぼ導きだが、スペルじゃないのが残念…。
S パイロエレメントソーサラー S 極点のエレメンタルと同様に、ライリーの条件を満たすのに便利そう。
S 静寂の実験室 C 現在、秘術ウィッチが微妙なので環境で見る事が無さそう。
S エレメンタル・マナ A 自然ウィッチに期待が持てるので高評価。
B アースエレメンタラー A 自然ウィッチの2コスト枠として期待。
B インパルスアルケミスト A ナテラの大樹に使えば、実質ワンドロー。
B 豪腕のゴーレム C 現在、秘術ウィッチが環境に居ないので微妙…。
B マナリアの叡智 S スペルブーストを3回稼げ、手札を減らさず引きたくないカードを戻せるのが優秀。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

ドラゴン

ドラゴン(11枚+トークン1枚)

レアリティ カード名 評価 一言
L 蒼海の主・ネプチューン A ローテーション落ちするポセイドンの代わりに活躍できそう。
L 呪われし影・ヴァイディ S スタッツも問題なく、新たなアーキタイプの可能性を感じる。
影の浸食 S 2枚目以降に仕事があるのが有難い。
G 霧氷のトリケラトプス B 自然軸なら採用される。
G フェニックスハウル A AoEとして優秀。
S バブルマーメード C 手札を減らさずにプレイできるが、手札に来るカードが微妙…。
S 旋風のプテラノドン A 3コストのPPブースト枠として優秀。条件はあるものの、自然軸で組んでいれば問題なさそう。
S ワイルド・マナ A 1ターン目パスが多いクラスなので、採用できそう。
B ドラゴンブレイダー C 合計スタッツが10/10なのでそれなりに強いが、8コスト使ってする動きなのか疑問。
B ドラゴンシェフ B 自然軸ならアミュレットがある可能性が高いので、採用しやすそう。
B 雷電のヴェロキラプトル A ナテラの大樹の確保に便利そう。
B ニードルドラゴニュート D 他と比べて見劣りしてします。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

ネクロマンサー

ネクロマンサー(11枚+トークン1枚)

レアリティ カード名 評価 一言
L ネクログループ・ルベル S コスト通りの動きがし易く、何ターン目でも強い動きが出来そう。
ネクロアニマルズ B ラストワードのランダム性が気になるが、どれを引いても割と問題ない。
L トート B リーダー付与を狙う場合、出すタイミングが終盤になるのが微妙。
G 不可侵の死霊・ヘリオ C 能力自体は悪くないが、スタッツの低さが気になる…。
G イモータルエレファント A スタッツは控えめだが、1回出せれば場持ちの良さで盤面を強く保てそう。
S イグジストソード・ギルト A エンハンスが強いが、8PP以上あると本体を出してしまうのが微妙。
S コープスドッグ D 育成が捗るとは思えない。
S リヴァイブ・マナ A 自然軸に採用されるカード。
B ソウルスナッチャー B ネクロマンスを重要視しないデッキなら強い。
B 取り憑く怨霊 A 枠が開いていれば採用されそうなカード。
B シープスピリット A 自然ネクロなら採用される。
B ロンリネスゴースト C 能力は悪くないが、5PPと思うと使えない。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

ヴァンパイア

ヴァンパイア(11枚)

レアリティ カード名 評価 一言
L 仁義の悪魔・ユヅキ B 復讐軸なら強く使えるが、復讐に入りにくいデッキだとデメリットが気になる。
L 胎動の魔人 S 1ターン2ドローが強い。
手札を捨てる効果がマイナスに働く場面もあると思うので手札管理が重要。
G 覆面の闘士・シャランゼア S 悪夢などドロソが豊富なので、能力が働く機会が多そう。
G ナイトレイドヴァンパイア A 1ターン目にドロソにも使えて、AoEにもなるので自然軸には便利。
S ヴァンパイアシーカー・ユナ C 最大5枚ドロー可能だが、能力を強く使える場面が限られる。
S 狂える人狼 B 自然ヴァンパイアへの採用が期待される。
S インサニティ・マナ A 自然ヴが流行れば、見るカードになりそう。
B レラジュ B 都会の鉄板との住み分けが重要。
B スマッシュオーガ A 悪夢などドロソが豊富なので、能力が働く場面が多そう。
B 歪みし蝙蝠 A 復讐軸や自然軸と使える幅が広そう。
B 悪魔の囁き C 自分フォロワーもダメージを受けるのが痛い。
だが、潜伏持ちなどにもダメージを与えられるので環境によっては十分採用される可能性も有る。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

ビショップ

ビショップ(11枚+トークン2枚)

レアリティ カード名 評価 一言
L ミュースプリンセス・ミルフィ A 後4の動きとして強そう。
リトルミュースナイト C 育成が捗ら無さそう…。
L 聖波動のスフィンクス C 過去にツタンカーメンが強かった実績があまりないので、今回も期待が薄い。
G ジャッジメントレイピアマスター B 普通に使えそう。
G 報復の白き刃・アニエス A ウィッチのコレ系カード強いから、強いかも…。
S 警察神官・パイン A デッキを選ばず便利そう。
S フェザーフォルクパニッシャー A 自然軸で終盤の顔詰めに使えそう。
S ジャスティス・マナ B 次環境もエイラの可能性が有るので、他のマナより期待が薄い。
B タリスマンシスター D サーチしたいアミュレットが無さそう。
B エクセスプリースト C ラストワードなのでケアがし易く微妙…。
B ムニャール登場 D 結局2ターン目に出ないので微妙。
森の参謀・ムニャール D スタッツの貧弱さが気になる。
B エンジェルラット B 自然軸での活躍に期待したい。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

ネメシス

ネメシス(11枚)

レアリティ カード名 評価 一言
L マキシムメタルゴリラ S 8点疾走が優秀で、自然軸でなくても採用が可能なのが大きい。
L ラグナアウェイク A 3点除去がランダムなのでプラスに働くときと裏目を踏む時がある。
破壊を齎す者・ヴィズヤ B 強いがこのカードだけで即フィニッシュ出来ないのが怖く、手札が無くなるので対策されると詰む可能性も…。
殺戮を齎す者・イザルエ B 何かでドローを進めさせられたり、粘られると負ける。
絶望を齎す者・ジオテト B 除去が実質不可能だが、次ターンのPPが2なので、不測の事態に対応しにくい。
G キャノンハーミットクラブ C 能力としては悪くないが6コストなので、他にしたい事がありそう…。
G アーティファクトコール C 2ターン目にはほぼほぼ仕事が無く、終盤での使用がメインになる。
S ブーステッドタイガー A 自然軸で採用される。
S 闇雲の巫女・エネス A アーティファクトなどデッキからカードを引く能力が豊富ならAoEとして活躍してくれそう。
S テクノロジー・マナ A 自然軸での活躍に期待。
B ブライトシューター D アクセラレートでよくない?
B ドールマイスター C 必殺を持つのは有難いが、エンハンス6は少し重い気がする。
B ドリルヘッジホッグ A 後2で突進を持つ。自然軸なら採用したい1枚。
B ドールオペレーション B 人形にバフが掛かるので、メイシアプランの幅が広がりそう…。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、いよいよ実装される第14弾カードパック「森羅咆哮」に収録されている97枚のカードの事前評価をさせて頂きました。

 

第14弾では新タイプとして自然が追加されます。

自然はまだカードプールが狭く実装されてすぐに活躍する事は、少ないかも知れませんが、アディショナルや第15弾などのカードが増えるタイミングで一気に強化される事が期待されます。

そう言ったところを踏まえて、自然タイプのカードについては、高めの評価をしました。

 

 

 

今回は、短いですがこの辺りで終わらせて頂きます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, , ,

執筆者:

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter