SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】明日から決勝ラウンド!超速「フェイスドラゴン」【OOTアンリミテッド環境 / デッキコード付き】

投稿日:

明日から「OOTアンリミテッド杯」の決勝ラウンドが始まりますね。

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

久しぶりにアンリミテッドフォーマットを触ってみると、懐かしいカード相手から飛んできたりして面白く、結構やり込んでいます。(笑)

そして、遊んでいる時に相手にやれれて、ヤバいなと思ったのが「フェイスドラゴン」です。

1ターン目からフォロワーを展開され、処理が追い付かず押し切られる展開が多くあり、色々調べながら私もデッキを組んでみました。

 

この記事では、序盤から盤面で相手を圧倒できる「フェイスドラゴン」のデッキレシピや使い方につて、まとめさせて頂きます。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

「フェイスドラゴン」のデッキリスト

それでは早速、OOT期アンリミテッド環境に対応した「フェイスドラゴン」のデッキリストを、ご紹介させて頂きます。

デッキリスト
生成エーテル 27,850
デッキリストは、コチラ!

(画像引用:Shadowverse Portal)

 

以上の様なリストに成っています。

 

1ターン目からフォロワーを展開していき盤面を作りながら、5ターン目の「ヒッポグリフの乗り手」6ターン目の「ダークドラグーン・フォルテ」そして「不死鳥の乗り手・アイナ」でリーサルを狙うデッキです。

 

相手がしたい事をする前に盤面で圧倒し勝ち切る事が可能なデッキなので、多くのデッキに有利が付くので、明日から始まる「OOTアンリミテッド杯」の決勝ラウンドやランクマッチでも安定した活躍が期待できます。

「侮蔑の炎爪」「侮蔑の信者」「侮蔑の従者」そして「ドラゴスネーク」などを上手く使えば、手札や盤面を強く保ちつつ戦う事が可能です。

 

来週のカード能力修正で「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」が弱体化してしまいますが、逆に言えば決勝ラウンドの為に生成してデッキを作っても、10月30日以降に再度分解すれば丸々エーテルが返って来るので安心ですね。(笑)

 

 

▲目次へ戻る▲

 

「フェイスドラゴン」の立ち回り

それでは、実際に「フェイスドラゴン」デッキを対戦で使用する際の立ち回り方を、「マリガン」「序盤」「中盤」そして、「終盤」4つのポイントにわけて、解説させて頂きます。

 

マリガン

マリガンでは、1コストで「1/2」のスタッツを持ったフォロワーやリソースを確保できるフォロワーを中心に狙います。

そして、後攻を引いてしまった際には、4ターン目の進化権の使用先として「竜剣の少女・アイラ」を探しましょう。

 

また、ヴァンパイアと対面した場合は「フラウロス」への回答として「侮蔑の炎爪」が効果的なので合わせてキープしたいけーどになります。

「侮蔑の炎爪」は、ヴァンパイア対面だけでなく序盤から展開してくるデッキ相手に対して強いカードです。

 

序盤

序盤は、兎に角フォロワーを展開していき相手より強い盤面を作るようにする事が大切になります。

 

相手に付き合ってしまうとダメージ不足に陥り負けてしまう場合もあるので「侮蔑の炎爪」を上手く使いながら不利なトレードを避け、序盤から相手リーダーの体力を削っていきましょう。

 

中盤

中盤では、進化権をどれだけ打点に変える事が出来るかがポイントになってきます。

 

後攻の場合4ターン目の進化権は「竜剣の少女・アイラ」に使用しても大丈夫ですが、出来るだけ盤面に残ったフォロワーを進化させて相手リーダーの体力を削りたい所です。

上手く盤面を処理されフォロワーが残っていない場合は、終盤に使える疾走フォロワーの為に進化権を温存する事も大切になります。

 

終盤

終盤は、「ヒッポグリフの乗り手」や「ダークドラグーン・フォルテ」そして「不死鳥の乗り手・アイナ」と言った豊富に採用された疾走フォロワーを使って、相手リーダーの残り体力を削ります。

 

また、ターンが進めば疾走フォロワーだけでなく「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」からも打点を出す事が可能です。

「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」から打点を出すためには、ダメージを与える事が出来るカード(「侮蔑の信者」や「侮蔑の炎爪」)が大切になるので、序盤から先を見越して、自傷パーツを使い過ぎ無いようにしましょう。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、明日から「OOTアンリミテッド杯」の決勝ラウンドという事もあり、不利デッキがほとんど無い「フェイスドラゴン」のデッキレシピとその使い方を、まとめさせて頂きました。

 

レジェンドレアのカードも「ダークドラグーン・フォルテ」と「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」だけなので、最近のレジェンド山盛りデッキよりは、作り易いと思います。

 

盤面を丁寧に処理されてしまうと厳しい場面もありますが、終盤に成れば豊富な疾走フォロワーや「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」などで手札から直接打点を出す事も可能なので諦めず最後まで戦ってください。

それでは「OOTアンリミテッド杯」決勝ラウンドの優勝報告待ってます!

 

 

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter