SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】ゾーイで安定感UP?!新型リントドラゴン【BOS期ローテーション / デッキコード付き】

投稿日:

BOS環境が始まりましたね!

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

先日、第9弾パック「Brigade of the Sky / 蒼空の騎士」がリリースされ、戦っていて強いと感じたドラゴンが有ったので、組んでみて調整をした結果、結構勝てるドラゴンデッキが完成しました!

また、新レジェンドである「大いなる調停者・ゾーイ」「アドラメレク」のお陰で、ドラゴンデッキにとって、あるあるな初手に高コストが固まる「手札事故」も起こりにくくなっています。

 

この記事では、新レジェンドで安定感を増した「リントブルムドラゴン」デッキを回し方を含め、ご紹介させて頂きます。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

BOS期ローテーション環境対応「リントブルムドラゴン」のデッキレシピ

それでは早速、BOS期のローテーション環境に対応した「リントブルムドラゴン」のデッキレシピを、ご紹介させて頂きます。

デッキリスト
生成エーテル 62,000
デッキコードは、コチラ!

(出典:Shadowverse Portal)

 

いかがでしょうか?

 

逸早く、リントブルムのチョイス発動要件である「フォロワー以外のカードを10枚プレイ」を満たし、「邪竜・リントヴルム」で勝利を目指すデッキです。

 

気になる点としては、「リントブルム」の採用枚数だと思います。

「リントブルム」は、強力なフィニッシャーですが、このデッキは、ドローも豊富なので引きすぎて手札で腐るという事もあった為、2枚採用となりました。

 

また、「アドラメレク」「大いなる調停者・ゾーイ」は、アクセラレートを持っているので見た目以上に、低コストカードが多く手札事故も起こりにくくなっています。

 

そして、3枚採用されている「熾天使の剣」ですが、2コストの除去としても優秀で、「茨の森」や「加速装置」といった強力なアミュレットを2コストで破壊する事が可能です。

それに加え、現環境で猛威を振るっている「天狐の社」もエンハンス6で破壊する事が可能となっています。

4コストの「天狐の社」をエンハンス6で破壊というのは、悠長な気がしますが、ドラゴンクラスには、PPブーストがあるので、置かれた次のターンに破壊する事も可能です。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

リントブルムドラゴンの立ち回り

それでは、実際に「リントブルムドラゴン」デッキを対戦で使用する際の立ち回り方を、「マリガン」「序盤」「中盤」そして、「終盤」4つのポイントにわけて、解説させて頂きます。

 

 

マリガンにおける優先順

マリガンでは、PPブーストカード「大いなる調停者・ゾーイ」あたりが優先順位高めです。

 

PPブーストカードは、先行の場合「竜の託宣」「斬竜剣士・ロイ」になります。

「竜剣の少女、アイラ」は、後攻を引いてしまった際に4ターン目の動きとして強力ですが、先行の場合だと進化権を使用するのが、勿体ない可能性がある為です。

 

また、相手がビショップの場合は、「熾天使の剣」を、アグロ系デッキが相手の場合は、「ドラゴニュートの威圧」や「ブレイジングブレス」も優先順位が上がってきます。

 

理想的な初期手札としては、対策カードに加えて「大いなる調停者・ゾーイ」と「竜の託宣」となっています。

 

序盤

序盤は、PPブーストして相手とPP差を作る事が重要です。

 

アグロに対するAoEも天狐ビショップに対する「熾天使の剣」も、使用コストが重めなので、対策カードを使用できるPPまで逸早くブーストする必要があります。

「竜の託宣」、「斬竜剣士・ロイ」そして「竜剣の少女・アイラ」を上手く使い相手とPP差を作りましょう!

 

また、「大いなる調停者・ゾーイ」も最初ドローした段階では、11コストで普通にフォロワーとして使用できないので、アクセラレートで10コストの「大いなる調停者・ゾーイ」をデッキに仕込んでおくことも忘れないでください。

 

中盤

中盤は、兎に角、耐える時間帯です。

 

手札にパーツが揃い、フォロワー以外のカードを10枚以上プレイできていれば、バーストダメージで一気にリーサルを狙う事が可能なデッキとなっています。

その為にも、スペルでドローを進めながら、AoEや単体除去を上手く使いながら、相手の攻撃をイナシ耐える事が重要です。

 

また、ピン刺しの単体除去「テールスイング」でコスト軽減するカードは、11コストの「大いなる調停者・ゾーイ」にして下さい。

理由としては、打点が1点多く稼げるのと、他のカードに使用しても旨みが少ないという、2点があります。

 

終盤

終盤は、「大いなる調停者・ゾーイ」からの「邪竜・リントヴルム」でのフィニッシュを目指す時間帯です。

 

「大いなる調停者・ゾーイ」は、プレイ時に自分リーダーのライフを「1」にするものの、次の自分ターン開始時まで自分リーダーへの全てのダメージが0となります。

また、「大いなる調停者・ゾーイ」自身が疾走を持つので、相手リーダーの体力を「邪竜・リントヴルム」の圏内に入れながら、相手のリーサルターンをずらす事が可能です。

 

このコンボを上手く利用し、2ターン~3ターン計画でリーサルを目指します。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、BOS期のローテーション環境に対応した「リントブルムドラゴン」のデッキを、ご紹介させて頂きました。

 

生成エーテルのコストが、62,000とお高くなっていますが、支払ったエーテル分の働きは、十分にしてくれるデッキとなっています。

私自身、ドラゴン関連の新レジェンドが「大いなる調停者・ゾーイ」1枚しか引けなかったので5枚のレジェンドカードをエーテル生成しました…。(;^_^A

 

アンリミテッド環境をしない場合は、エーテル確保が簡単だと思うので是非一度作って見て下さい!

ドラゴンの新レジェンドは、どちらも強くBOSがローテーション落ちするまで活躍できそうなカードなので生成しても損は、ないと思います。

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせていただきます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter