おすすめ装備@MHX

【MHX】匠・業物を両立させた、ガンランス専用のスキル構成を考えてみた【おすすめ装備】

投稿日:2016年12月11日 更新日:

モンスターの弱点を正確に突き「ここぞ!」という場面では、強力な砲撃が可能なガンランスに、あなたは、興味がありませんか?

 

こんにちは!

どうも、ハンター歴11年目のかっつんです。
※ハンターネームは、すぴかです。

いつも、ありがとうございます!

 

ガンランスの砲術は、見た目も派手でカッコよくて攻撃力も高く魅力的ですよね?私も興味を持ったので、ガンランス用にスキル構成を考え装備を組んでみました。

 

この記事では、私が真剣に考えたガンランス専用のおすすめ装備をご紹介します!

 

目次の気になった項目だけでも結構なので、是非チェックしていってくださいね。

スポンサーリンク

「匠・業物両立!ガンランス装備」の詳細

まずは、私が真剣に考えた「匠・業物両立!ガンランス装備」のスキル構成を、あなたご自身の目で、ご確認ください。

武 器: ガンランス [1]

頭装備: グリードヘルム [0]

胴装備: 怒天ノ羽織 [1]

腕装備: クシャナRハトゥー [1]

腰装備: ディノSフォールド [2]

脚装備: フィリアRグリーヴ [0]

お守り: 龍の護石(斬れ味+5,回避性能-1) [3]

装飾品: 砲術珠【1】×8

 

スキル: 砲術王・斬れ味レベル+2・業物

 

いかがでしょうか?

 

見た目は、統一感がなく微妙ですよね…(´・ω・`)

すいません、今回は、スキルを重視して見た目を諦めました。ですが、どの装備も防御力が高く固さは、保証します。

 

大事なスキル構成は、ガンランスの一番の魅力である砲撃を最大限に活かせる「砲術王」と斬れ味ゲージを長くする「斬れレベル+2」、そして消費を抑える「業物」です。

 

武器スロットを1つ使ってしまうのが難点ですが「斬れ味ゲージ+2」が発動しているので武器の自由度は、意外と高いと考えています。

あなたの、好きなスロ1のガンランスを背負って狩りに赴いてください。

 

 

▲目次に戻る▲

 

今回、ご紹介した「匠・業物両立!ガンランス装備」のおすすめポイント

今回、ご紹介した「匠・業物両立!ガンランス装備」を私がおすすめする理由を、いくつかのポイントにわけて、ご説明させて頂きます。

 

 

ガンランスの砲撃を強化してくれる!「砲術王」

砲術王は、ガンランスの砲撃の威力を高めてくれるスキルです。また、砲撃を強化だけでなく、ガンランスのヒートゲージを御しやすくしてくれます。

ガンランス使いにとっては、1つで二度おいしいスキルです。

 

ガンランスを使いたいけど、どのスキルがいいかわからない場合は、取りあえず「砲術師 or 王」を発動させれば間違いありません。

 

 

斬れ味ゲージを長くしてくれる!「斬れ味レベル+2」

近接武器ならば、誰もが発動させたいスキルでは、ないでしょうか?

 

斬れ味レベル+2は、斬れ味ゲージが初めからMAXな武器以外の全てに、効果のある優秀なスキルです。

斬れ味レベル+2を発動させる事で、ほとんどの武器が白ゲージまで斬れ味ゲージを伸ばす事ができます。

 

斬れ味ゲージの色が変われば攻撃がモンスターにはじかれ難くなります。

加えて、斬れ味ゲージが青から白に伸びるだけで物理補正値が1.2倍から1.32倍まで上がります。また、属性補正値は、1.0625倍から1.125倍まで上がるのです。

 

 

斬れ味ゲージの消費を抑えてくれる!「業物」

ガンランスの砲撃は、モンスターへのヒットを問わず、放つだけ斬れ味ゲージが消費されてしまいます。

砲撃を中心にモンスターへ攻撃を仕掛けていると、斬れ味ゲージの消費が著しくなります。業物を発動させれば、斬れ味ゲージの消費を最小限に抑える事が可能です。

 

 

▲目次に戻る▲

 

まとめ

ガンランスは、ランスと同様にガード性能および攻撃面に優れており、使いこなせば攻守に長けた素晴らしい武器です。

加えて、ランスには、できない威力の高い砲撃も使えます。

 

ガンランス特有の砲撃を活かすためにも「砲撃王」による威力の向上や「業物」による斬れ味ゲージの消費軽減など試みてください。

 

この記事が、ガンランス用のスキル構成を考えている、あなたの役に立てば幸いです。

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせて頂きます。

 

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

レッツ、狩り充!
かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-おすすめ装備@MHX
-, , , ,

執筆者:

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter