SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】アディショナルカード「無尽の人形遣い」採用!リーシェナネメシス【STRローテーション/デッキコード付き】

投稿日:

アディショナルカードの「無尽の人形遣い」が普通に強かったです。

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

「パペットルーム」がローテーション落ちして「操り人形」不足感があった人形軸のネメシスデッキでしたが、「無尽の人形遣い」の追加でそれが解消された気がします。

進化時効果のデッキに30枚の「操り人形」を加え、ターン終了時に1ドローをリーダーに付与するという能力が微妙かな?と思ったのですが、手札が弱くなる感じもありませんでした。

 

この記事では、「無尽の人形遣い」で「操り人形」の供給が安定した「リーシェナネメシス」のデッキリストや使い方について纏めてみたので、ご紹介させて頂きます。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

「リーシェナネメシス」のデッキレシピ

デッキリスト
生成エーテル 33,800
デッキリストは、コチラ!

(画像引用:Shadowverse Portal)

以上の様なリストに成っています。

 

アディショナルカードとして追加された「無尽の人形使い」のお陰で「白き破壊のアーティファクト」や「黒き破壊のアーティファクト」のコスト軽減が進めやすくなりました。

進化権が得られる先攻5ターン目や後攻4ターン目までに「破壊の絶傑・リーシェナ」が引けていないと苦しい場面もありますが、「粛清の英雄・メイシア」を採用しているので進化権さえ残していれば勝ちの目があります。

 

ロイヤルクラスの「魔道狙撃士・ワルツ」などのアミュレット消滅や変成が苦手な「リーシェナネメシス」ですが、現環境ではそう言ったカードの採用が減っているので戦いやすいです。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

「リーシェナネメシス」の立ち回り

それでは、実際に「リーシェナネメシス」デッキを対戦で使用する際の立ち回り方を、「マリガン」「序盤」「中盤」そして、「終盤」4つのポイントにわけて、解説させて頂きます。

 

 

マリガン

マリガンは、全力で「破壊の絶傑・リーシェナ」を探しに行きます。

このデッキの主な勝ち筋が「破壊の絶傑・リーシェナ」の進化時効果で手札に加わる「白き破壊のアーティファクト」および「黒き破壊のアーティファクト」を場に出して、10点AoEを毎ターン飛ばし続ける事です。

そのアーティファクトの効果上、早い段階で手札に来ている方が完成が早まるので、マリガンは「破壊の絶傑・リーシェナ」が全力になります。

 

序盤

序盤は、手札に人形を温存しつつ最低限、盤面維持を維持しつつ戦う事が大切です。また、リーシェナプランからメイシアプランに切り替える場合も早めの決断が大切になります。

リーシェナプランを目指す場合、「白き破壊のアーティファクト」が手札に加わってから盤面を取って行った方がコスト軽減がスムーズに進むので序盤のダメージを許容する事に意味があります。

ですが、メイシアプランを目指す場合、10ターン目まで行く必要がある場面が多いので、最初から盤面のトレードを積極的に行い序盤のダメージを抑えた方が戦い易いです。

 

「破壊の絶傑・リーシェナ」が中々、手札に来ない場合は、早い段階で切り替えましょう。

 

中盤

中盤は、進化権の使用先と温存が大切になります。

 

後攻の場合は、4ターン目に「破壊の絶傑・リーシェナ」そして5ターン目に「無尽の人形遣い」に使用して、残った1つをいざと言う時に為に残しておくのが理想です。

先攻の場合は、5ターン目に「破壊の絶傑・リーシェナ」か「無尽の人形遣い」に使用して、残り1つを温存しておきます。先攻で5ターン目に「無尽の人形遣い」に進化権を使用した場合は、自動的にメイシアプランを採ることになります。

 

終盤

終盤は、「黒き破壊のアーティファクト」を上手く着地させてフィニッシュを目指します。

「黒き破壊のアーティファクト」の効果が発動するのは、次の自分ターン開始時なので、返しの相手ターンでリーサルを取られないように注意する事が大切になります。

もし、メイシアプランを目指している場合は出来るだけ「操り人形」を手札に温存しておき守護を除去出来るようにしておきましょう。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、「無尽の人形遣い」で「操り人形」の供給が安定した「リーシェナネメシス」のデッキリストや使い方について、まとめさせて頂きました。

 

これまで天敵だった「魔道狙撃士・ワルツ」の採用枚数も減り、立ち位置が良くなったリーシェナネメシスですが、「パペットルーム」のローテーション落ちで「操り人形」不足が否めませんでした

アディショナルカードである「無尽の人形遣い」が、そう言った問題を解決してくれ、破壊カウントが進めやすくなり、本当に使いやすいデッキになった印象です。

 

アプリ内で現在開催中の宝箱イベントの回収などに、このデッキを使っていただけると嬉しいです。

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせていただきます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter