SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】アディショナルカードで強化!機械進化ヴァンパイア【STRローテーション/デッキコード付き】

投稿日:

アディショナルカードが、遂に追加されましたね!

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

私は、現在開催中の「JCG Shadowverse 鋼鉄の反逆者 ミリオンカップ」に出場するので、現在デッキ調整中です。「1デッキは、ロイヤルで決まりかな?」って思っているのですが、もう1デッキが中々きまらず色々触っています。

その中で、「鋼鉄のヴァンパイア・スレイ」が追加された事で「機械ヴァンパイア」が強いと聞いたので、色々と調整していました。

 

この記事では、アディショナルカードで強化された「機械進化ヴァンパイア」のデッキリストや使い方について纏めてみたので、ご紹介させて頂きます。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

「機械進化ヴァンパイア」のデッキリスト

デッキリスト
生成エーテル 53,750
デッキコードは、コチラ!

(画像引用:Shadowverse Portal)

以上の様なリストに成っています。

 

アディショナルカードである「鋼鉄のヴァンパイア・スレイ」を3枚採用しているので能力が発動しやすいように機械タイプのカードを豊富に採用しています。

最近では、機械カードの割合を増やすためにコアまで入れているデッキも見ますが事故が怖いので、このリストでは採用しませんでした…。

 

自動進化するカードが多く採用されているデッキなので、ロングゲームで輝く「至高の戦神・オーディン」や、AoEや最後の一押しに便利な「破滅のサキュバス」を、それぞれピン採用しています。

 

「獄炎のデーモン」は、2ターン目に置いても2コスト「2/2」で守護を持っているので最低限の働きをします。

また、横並びしている状況で使う事が出来れば「真紅の抗戦者・モノ」「鋼鉄のヴァンパイア・スレイ」に使用する事が出来ればリーサルを簡単にする事が可能です。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

「機械進化ヴァンパイア」の立ち回り

それでは、実際に「機械進化ヴァンパイア」デッキを対戦で使用する際の立ち回り方を、「マリガン」「序盤」「中盤」そして、「終盤」4つのポイントにわけて、解説させて頂きます。

 

 

マリガン

マリガンでは、機械タイプのカードや手札を減らさずにプレイできるカードを中心に探していきます。

よって最優先は、「メカゴブリン」「悪夢の始まり」そして「不穏なる闇の街」です。

 

欲しいカードが見えていてハンドに余裕がある場合は、5ターン目の動きとして強力な「鉄刃の悪鬼」も併せてキープしても良い場合があります。

 

欲しいカードを狙いすぎて無理なマリガンをしてしまうと「至高の戦神・オーディン」が手札に来てしまい若干デッキが弱くなってしまうので、注意が必要です。

ピン採用なので、そこまで気にする必要はありませんが、念のため覚えておいてください。

 

序盤

序盤に考える事は、手札を減らしすぎない事機械タイプのフォロワーの破壊カウントを進める事の2点です。

 

「メカゴブリン」は、ラストワードで「リペアモード」を手札に加えてくれるので、実質的に手札消費なしで機械フォロワーの破壊カウントを稼ぐことが出来ます。

「悪夢の始まり」は、運要素が絡みますが手札を増やしながら「プロダクトマシーン」を展開できるので序盤戦で大変便利です。

他にも「マシンエンジェル」や「アーマードバット」は、手札消費が1枚で複数枚の機械フォロワーを展開できるので破壊カウントを進めるのに役立ちます。

 

この辺りを中心に手札枚数や破壊カウントを管理しながら序盤を戦いましょう。

 

中盤

進化権が使えるようになる中盤は「至高の戦神・オーディン」の直接召喚条件を満たすためにEP消費進化や自動進化を効率よく行う事が必要に成ります。

 

主に気にするのは「火焔の軍神・ヤヴンハール」の自動進化です。

例えば5ターン目なら、2コストフォロワーとくっ付ける事で2面進化し強い盤面を作る事が可能です。中でも一番相性のいいカードは「狂恋の華鎧・ヴィーラ」に成ります。

 

他にも「鉄刃の悪鬼」をプレイする場合は、盤面の機械フォロワーの数と手札枚数を気にしながらドローを燃やさないようにする事も大切です。

 

終盤

終盤は、豊富な疾走能力を用いて一気に相手リーダーの顔を詰めていきます。

 

手札の条件を見た居ていれば6点疾走にドレインが付いてくる「鋼鉄のヴァンパイア・スレイ」9ターン目以降に「真紅の抗戦者・モノ」2枚と「ファーストワン」10ターン目以降にデッキから直接召喚される「至高の戦神・オーディン」です。

どの方法でも若干打点が足りない時があるので、序盤から中盤にかけても余裕があれば相手リーダーの顔を詰めておく意識を持っておけば、よりリーサルが楽になります。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、アディショナルカードで強化された「機械進化ヴァンパイア」のデッキリストやその立ち回りについて、まとめさせて頂きました。

 

STRの環境初期に流行り「自傷ヴァンパイア」に移り変わりあまり使われていなかったアーキタイプのデッキでしたが「鋼鉄のヴァンパイア・スレイ」の追加で一気に立ち位置が良くなったデッキになります。

大会に出場される場合は勿論、5月24日から始まる宝箱イベントなどで使用するデッキとして参考にして頂ければ嬉しいです。

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせていただきます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter