SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】人形ネメシスのドローソース問題についての雑感【BOS環境】

投稿日:

「人形ネメシス」使っていますか?

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

人形ネメシスって、ドローソースって採用できるカードが少なくて困っちゃいますよね…。

実際、「人形ネメシス」のレシピを色々と見ていても、ドローソースは「神秘の番人・スピネ」3枚「天界への階段」か「純心の歌い手」が数枚採用されている程度な気がします。

特に「天界への階段」と「純心の歌い手」は、意見が割れておりどっちを採用するのが正解か難しいですよね?

 

この記事では、人形ネメシスのドローソース問題について、私なりの見解を、まとめさせて頂きたいと思います。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

「神秘の番人・スピネ」について

(画像出典:Shadowverse Portal)

 

「神秘の番人・スピネ」は、ファンファーレ効果で出てくる「スピネのアーティファクト」がラストワードで1枚ドローが付いています。

このカードは、人形ネメシスのドローソースとして優秀で、3積み安定のカードです。

 

理由としては、以下のものが挙げられます。

  • 「スピネのアーティファクト」を合わせた合計スタッツが、3/6と5コスト帯にとって十分
  • 「神秘の番人・スピネ」がアーティファクトに付与する、ターン終了時のランダム1点が刺さる場面が多い
  • 「神秘の番人・スピネ」と「スピネのアーティファクト」は、どちらも相手にとって処理したいフォロワー
  • 「パラケルスス」や「立ち上がりし鋼の戦士・シロウ」のアーティファクトを生み出せるフォロワーと地味にシナジーがある

 

5コストの標準スタッツをクリアし、「毎ターン盤面ランダム1点+ラストワードで1ドロー」、そして「他のカードともシナジーがあるかも?」ってなれば採用しない理由が無いと思います。

 

因みに、自分ターン中に「スピネのアーティファクト」のラストワードが働くとデッキのアーティファクトをサーチしてしまうのでドロー出来ません

その点だけ注意が必要です。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

「天界への階段」と「純心の歌い手」について

(画像出典:Shadowverse Portal)

 

「天界への階段」と「純心の歌い手」は、採用の好みが分かれると思います。

RSPLで使われた人形ネメシスのレシピを見ていても、何方か片方の採用だったり、何方も採用せずドローソースは「神秘の番人・スピネ」のみというのも見られました。

 

「天界への階段」と「純心の歌い手」は、それぞれ役割が微妙に異なる為、プロでも採用の有無が分かれるのだと思います。

 

 

「天界への階段」を採用する目的

「天界への階段」を採用する目的としては、ドロー対象がフォロワー限定なのでフィニッシャーである「復讐の人形遣い・ノア」や「人形の少女・オーキス」へのアクセスが「純心の歌い手」より期待できる為です。

また、「カウントダウン6」とドローまでのタイムラグが気になりますが、「操り人形」が倒れてもカウントダウンが進むので、無理やりカウントを進める事も不可能では、ありません

 

「天界への階段」は、ドローまでタイムラグこそ有るものの2コストで3枚ドローと破格です。

これを超えるドロソは、ある程度PPブーストした「運命の導き」か、土の秘術を発動した「精神統一」くらいでは、ないでしょうか?

 

 

「純心の歌い手」を採用する目的

「純心の歌い手」を採用する目的としては、1枚目のドローがリニアに行えるという点と、3コスト以下のフォロワーなので「奮励の儁秀・シルヴァ」のアクセラレート能力の弾として使用できるという点があります。

マリガンで「奮励の儁秀・シルヴァ」を無理して狙いに行くと、3ターン目にアクセラレート能力の対象にするフォロワーがいないという事も、たまにあるので、3コスト以下のフォロワーが増えるのは、単純に嬉しいです。

 

「純心の歌い手」は、3コストで1/2を立てながら2枚ドローでき、「奮励の儁秀・シルヴァ」で出すと「突進持ち1/2+1枚ドロー」となるので使いやすいカードになります。

 

 

「天界への階段」と「純心の歌い手」を共に採用しない理由

RSPLでも「人形ネメシス」に、「天界への階段」と「純心の歌い手」を共に採用しないリストも存在しました。

 

私自身も「人形ネメシス」に過剰なドローソースは必要ないと思っています。

その理由としては、「ハーメルン」や「操り人形」そして「パラケルスス」によって手札が減りにくいので過剰なドローソースがあると手札が溢れ、トップが燃えてしまう危険性が出てくるからです。

 

正直、AoEが弱い「人形ネメシス」では、盤面で負けてしまうと、手札の「操り人形」を消費せざる負えなくなります。

そういった点で考えると、「天界への階段」や「純心の歌い手」は、ドロー効果こそ強いものの、2コストや3コストを消費して出すと盤面アドを失う可能性があるので、危険です。

 

「人形ネメシス」どうしてもドローしたいカードは、マリガンでキープでキープすると事故が怖い「復讐の人形遣い・ノア」や「人形の少女・オーキス」くらいなので、ドローソースを「神秘の番人・スピネ」のみにして、ある程度右手を信じるのも、ありかも知れません…。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、「人形ネメシス」のドローソース問題について、私なりの意見を書かせて頂きました。

 

色々と書かせて頂きましたが、私のオススメは、「神秘の番人・スピネ」3枚と「天界への階段」ピン刺しになっています。

ですが、「奮励の儁秀・シルヴァ」のアクセラレート能力を考えると「純心の歌い手」も捨てがたいです。

 

デッキの細かい構築には、個人の好みが出るので、一概にコレといった正解が無いので、私の考えを押し付けるつもりもありませんが、色々と構築を試して頂ければと思います

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせていただきます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, , ,

執筆者:

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter