SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】遂に第10弾パック発表!「Omen of the Ten / 十禍絶傑」の新カードレビュー#1【TCG】

投稿日:

第10弾パックとして「Omen of the Ten / 十禍絶傑(じゅっかぜっけつ)」が発表されましたね。

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

次の新カードパックは「Omen of the Ten / 十禍絶傑(じゅっかぜっけつ)」で、10人の絶傑達がレジェンドカードとなって、プレイヤーたちに試練と福音を与えると言うのがテーマになっています。

第10弾と言う節目のパックでもあるので、これまで以上にテーマ性を感じられ今から期待「大」です。

 

この記事では、最近発表が有った、絶傑の2枚を含む6枚の新カードを個人的にレビューしてみたので、ご紹介させて頂きます。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

【ニュートラル】唯我の絶傑・マゼルペイン【レジェンド】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

1枚目は、第10弾パックのパッケージフォロワーになると思われる、ニュートラルカードのレジェンドレアです。

 

効果自体は、強力ですが能力を発動させようと思うと、これまでのデッキに入れる事が出来ず、専用構築が必要になります。

また、能力も重複しないので2枚目以降は、能力を持たない「⑥4/4」として場に出すしかなく、少し使いにくいかも知れません…。

 

能力を発動する場合の条件として、デッキ40枚から「唯我の絶傑・マゼルペイン」を除いた残りの37~39枚のカードが全てピン刺しである必要があり、多くの種類のカードを必要とするので、ローテーションよりもアンリミテッドの方が活躍できると思います。

他にも今後の発表で、デッキリストに重複するカードが無いことで能力を発揮するカードが増えると、使いやすくなっていくカードという感じです。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【ドラゴン】ドラゴニックシューター【ブロンズ】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

2枚目は、ドラゴンクラスのブロンズフォロワーである「ドラゴニックシューター」です。

 

攻撃されない効果を持っていますが、元の体力が「2」という事もあり、多くのスペルによる除去が可能で、場残りの良さは、期待しにくいと思います。

また、一度だけ発動する、自分リーダーを攻撃する相手フォロワーに2ダメージを与える効果も、対象を決める権利が相手にあるので、上手く刺さる場面も少なそうです…。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【エルフ】不殺の信者【シルバー】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

3枚目は、エルフクラスのシルバーレア「不殺の信者」です。

 

後攻なら進化権を使って相手フォロワーを一方的に除去する事も可能な能力を持っています。

また、コントロールデッキなら、1体を除去して、もう1体の攻撃力を1ターンだけ下げる事で、序中盤のダメージを軽減し、こちらの強いターンまでゲームを長引かせる事にも使えそうです。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【エルフ】不殺の従者【ブロンズ】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

4枚目は、エルフクラスのブロンズレア「不殺の従者」です。

 

「不殺の信者」と似た能力を持ちますが、コストが安い分、下げられる攻撃力も低くなっています。

「不殺の信者」や「不殺の従者」を多く採用する事で、ダメージを抑えゲームを長期化させる事が可能になりそうなので、来期のエルフは、コントロールタイプが活躍するかもしれません…。

 

▲目次へ戻る▲

 

【エルフ】不殺の絶傑・エズディア【レジェンド】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

5枚目は、絶傑の1人でエルフクラスのレジェンドレア「不殺の絶傑・エズディア」です。

 

10コストで、直接盤面に干渉できる能力を持っていないので、進化権が残っていないと使いにくいフォロワーかも知れません…。

ですが、プレイする事が出来れば、相手の体力を一気にリーサル圏内まで落とし込むことが可能です。

 

現在の環境では、人形ネメシスやギガントキマイラデッキなど9ターン目でゲームを終わらせる事が出来るデッキが多いので、10ターン目や11ターン目まで時間を稼げるかがカギになると思います。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【エルフ】不殺の使徒【ゴールド】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

6枚目は、エルフクラスのゴールドレア「不殺の使徒」です。

 

相手の場にフォロワーが残っていれば残っているほど回復量が多くなるフォロワーとなっています。

また、1コスト以下のスペルカードをサーチできるので「対空射撃」を確定サーチ出来るカードとして重宝するかも知れません。

 

「不殺の信者」や「不殺の従者」でダメージを軽減しつつ、相手の場にフォロワーを溜め「不殺の使徒」で回復するというのが目的に思えますが、リスクも多いので、現段階では、実用レベルで運用できるかが疑問です。

 

今後、他にも相手の場のフォロワーが多ければ多いほど、強力な能力を持つフォロワーが発表されれば、一気に評価が上がるカードと期待しています。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、今月末に実装される「Omen of the Ten / 十禍絶傑(じゅっかぜっけつ)」の新カードについて発表が有った物について、個人的な評価をさせていただきました。

 

現段階では、発表されているカード枚数が少なく間違っているかもしれません、「唯我の絶傑・マゼルペイン」は、ニュートラルカードという事もあって、試練と福音が1枚で完結していましたが、クラスカードの場合は、新カード全体で試練と福音になっていると予想しています。

例えば、エルフクラスの場合は、不殺の名を持つカード全体で相手の場を処理しないという試練を与え、それに対する福音として10ターン目の「不殺の絶傑・エズディア」の効果があるのではないでしょうか?

 

実際、カードゲームは、環境が始まって見ないと強い弱いが分からないという事も多々あるので、あまりネガティブな意見を書かないようにしています。

コメント欄やTwitterなどで、あなたのカード評価の意見を聞かせて頂けると嬉しいです。

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせていただきます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, , ,

執筆者:

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter