SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】沈黙の絶傑が遂に公開!「Omen of the Ten / 十禍絶傑」の新カードレビュー#7【TCG】

投稿日:

沈黙の絶傑が遂に公開されましたね。(^^♪

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

「沈黙の絶傑」は、マスクをした感じとかから、ヴァンパイアクラスだと思っていたんですが、ネクロマンサークラスでしたね。(;^_^A

まあ「言われてみればネクロマンサーか…」って感じでした。(笑)

 

この記事では、「沈黙の絶傑」を含む新カード8枚のレビューをしてみたので、ご紹介させて頂きます。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

【ネクロマンサー】沈黙の絶傑・ルルナイ【レジェンド】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

9人目の絶傑は、ネクロマンサークラスのレジェンドレア「沈黙の絶傑・ルルナイ」です。

 

ネクロマンス3の消費で、次の相手ターンでのスペル使用を制限できる強力な能力を持っています。

特にウィッチ対面やロイヤルクラスの新要素である「財宝」などには、かなり効果的な能力です。

他にも、ビショップ対面で、後攻7ターン目や先攻8ターン目に次の相手ターンでの「テミスの粛清」対策として、「沈黙の絶傑・ルルナイ」を使いAoEから逃れるという事も出来ます。

 

また、スペルをほとんど採用していない相手に対しても、3コストで「3/3」が立つという動き自体も普通に強いので、どんな相手に対しても、弱くなりにくいカードです。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【ネクロマンサー】沈黙の使徒【ゴールド】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

2枚目は、ネクロマンサークラスのゴールドレア「沈黙の使徒」になります。

 

4コストとしての標準的なスタッツを兼ね備えつつ、守護フォロワーを突破できるフォロワーです。

能力発動にネクロマンスも消費しないので、多くのデッキに採用、出来る余地があるカードになると思います。

 

今後、ネクロマンサー対面において要注意カードになるかも知れません…。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【ネクロマンサー】沈黙の信者【シルバー】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

3枚目は、ネクロマンサークラスのシルバーレア「沈黙の信者」です。

 

交戦時なので、相手から対象に選ばれても能力が発動する点が嬉しいと思います。

 

テキストからだと微妙なのですが、相手フォロワーが進化権を使用して突進を得た場合、この能力の対象として扱われるのでしょうか?

もし、進化時の突進も能力対象になるのなら、相手の攻撃を数回、凌いでくれそうなフォロワーになると思います。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【ネクロマンサー】沈黙の従者【ブロンズ】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

4枚目は、ネクロマンサークラスのブロンズレア「沈黙の従者」です。

 

エンハンス6で出せば、相手フォロワーの能力を全て失わせることが出来ますが、刺さる相手と刺さらない相手がハッキリ分かれると思います。

ですが、2コスト「2/2」と2ターン目に出す動きとして弱くないので、採用しておいて、エンハンスが刺さる相手にだけエンハンス用として取っておくという事も可能です。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【ヴァンパイア】カラミティブリンガー【レジェンド】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

5枚目は、ヴァンパイアクラスのレジェンドレア「カラミティブリンガー」です。

 

一気に盤面を取り返しながら、復讐状態に入れる可能性の高いフォロワーになっています。

また、復讐状態で進化権を使用すれば、相手や相手フォロワーに更にダメージを与える事も可能ですが、テキストを読む限り自分リーダーもランダムの対象になっているので、運が悪ければ、そのまま負けてしまう事もあるかも知れません…。

 

大会などで使う選手がいれば、盛り上がるカードになると思います。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【ニュートラル】重装のトロール【シルバー】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

6枚目は、ブロンズレアのニュートラルフォロワー「重装のトロール」です。

 

スタッツが高く、守護も貫通するので出されてしまうと、無視しにくいフォロワーになっています。

もし、相手が処理できずに対抗策もなければ勝負が決まってしまう事もあるかも知れません…。

 

ですが、盤面に干渉できず、出せる盤面を作れるかどうかが問題になりそうです。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【ヴァンパイア】ダークエレメンタル【シルバー】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

7枚目は、ヴァンパイアクラスのシルバーレア「ダークエレメンタル」です。

 

不利トレードを強いられた時に、その不利トレードを無かった事にしてくれる能力となっています。

ラストワードの自傷ダメージが少し痛いですが、新環境では、自傷の回数が大事になってきそうなので、自傷自体は、メリットになりえるため、その後の回復手段させ用意できていれば問題ありません。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

【ヴァンパイア】血に飢えたハムスター【ブロンズ】

(画像出典:Shadowverse公式アカウント|Twitter)

8枚目は、ヴァンパイアクラスのブロンズレア「血に飢えたハムスター」です。

 

能力に「1回/自分ターン」と言う回数制限が有るので、1ターンで攻撃力を育てる事が出来ませんが、2ターン目の体力3は、スペル以外でなかなか取りずらいので、ロイヤルの「刃ネズミ」の様に環境で見るカードになると思います。

 

「眷属への贈り物」と組み合わせれば、2ターン目に2/3を作れるので、そう言った、コンボも流行るかも知れません…。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

前回に引き続き、今月末に実装される「Omen of the Ten / 十禍絶傑(じゅっかぜっけつ)」の新カードについて最近、発表が有った8枚について、個人的な評価をさせていただきました。

 

沈黙の絶傑やその関連カードは、能力持ちの相手やスペルの使用を封じる効果が有るので、環境を取るデッキといいうより対策デッキとしての活躍に期待できそうです。

また、絶傑以外の新レジェンドも発表され始めたので、それらのカードも気になりますね。(^^♪

 

実際、カードゲームは、環境が始まって見ないと強い弱いが分からないという事も多々あるので、あまりにネガティブな意見を書かないようにしています。

コメント欄やTwitterなどで、あなたのカード評価の意見を聞かせて頂けると嬉しいです。

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせていただきます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, , ,

執筆者:

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter