SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】”RAGE 2019 Autumn”の振り返り【雑記】

投稿日:

“RAGE 2019 Autumn”が開催され、8人のファイナリストが決定しましたね。

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

“RAGE 2019 Autumn”に参加されていた方は、お疲れさまでした。

私は、最近競技シーンへの参加をお休みしているので、家で色々ゲームをしながら配信を見ていました。

今回は、色々なリーダーやデッキタイプが見れて配信も楽しめたのではないでしょうか?

 

このブログでは、“RAGE 2019 Autumn”の振り返りと環境についての、お話が出来ればと思います。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

“RAGE 2019 Autumn”の結果

予選を勝ち抜き、GRANDFINALへの進出を決めた選手の方々が今回、使用されたデッキは、以下の様な組み合わせになっていました。

デッキの詳しいリストやデッキコードは、表の下のリンクからREGEの公式サイトに飛べるようになっているので、そこからチェックしてみて下さい。

選手 デッキ① デッキ②
掴む エイラビショップ リーシェナネメシス
贋作者 ソロモンウィッチ 復讐ヴァンパイア
chun 機械復讐ヴァンパイア エイラビショップ
アイン 機械ウィッチ 機械復讐進化ヴァンパイア
ぼんち/APG ソロモンウィッチ 機械復讐ヴァンパイア
pazuu エイラビショップ 復讐ヴァンパイア
約束のノノ 機械ウィッチ エイラビショップ
Ma 機械ウィッチ エイラビショップ

出典:
1.ファイナリスト予選大会使用デッキ(1)|RAGE Shadowverse
2.ファイナリスト予選大会使用デッキ(2)|RAGE Shadowverse

 

各デッキ毎の使用率をまとめると以下のようになります。

クラス クラス採用率 アーキタイプ クラス内でのアーキタイプ使用率
ビショップ 62.5% エイラ 100%
ヴァンパイア 62.5% 復讐 40%
機械復讐 40%
機械復讐進化 20%
ウィッチ 62.5% ソロモン 40%
機械 60%
ネメシス 12.5% リーシェナ 100%

 

最終的結果として、予選大会を抜けたクラスは4クラスとなっていますが、同じクラスのデッキでも異なるアーキタイプのデッキが使用されているので、見た目以上に多くのデッキが活躍できる環境に成っていたと思います。

またヴァンパイアは、直前にナーフがあり、かなりの弱体化を受けた復讐ギミックですが、依然として競技シーンでも活躍できるポテンシャルが有ると示されました。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

今後の能力調整の有無

“GRANDFINALS”へ向けてで考えると、アディショナルカードの追加もあるので、絶対に環境は、変化しますが、それまでの期間で再度能力調整が行われるかの有無について考えてみたいと思います。

 

比較的多くのクラスが活躍できた、今回の”RAGE 2019 Autumn”の予選大会ですが、やはり厳しい立ち位置に居るクラスも存在します。

そして、弱点があるとはいえ、ナーフ後もエイラビショップやヴァンパイアの復讐ギミックは、強力でした。

 

やはり、「聖弓の使い手・クルト」や「堕落の漆黒・アザゼル」など、そのデッキの強さを支えているカードの、若干の弱体化が必要だと思います。

ですが、今の状況でもバランスは、決して悪くなく、大幅な下方修正をしてしまうとデッキが成立しなくなる可能性もあるので、アディショナルカード追加までのナーフは、難しいかも知れません…。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

ランクマッチでのオススメクラス

“RAGE 2019 Autumn”の結果を受けて、ランクマッチでも環境が変化すると思います。

 

なかでも私が期待しているのは、ウィッチクラスのデッキに成ります。

ウィッチクラスは、機械軸でもソロモン型でも、手札からのスペルや疾走札でのバーンダメージが豊富なので、復讐ギミック(堕落の漆黒・アザゼル)を採用したヴァンパイアに対して、圧を掛ける事が可能です。

また、エイラビショップに対しても丁寧に盤面を取って行く事が出来れば、ドローソースの量で上回っているので、終盤に相手の手札切れを狙えます。

 

機械軸とソロモン型、共に大会の配信を見ていても、使用するのが難しそうなデッキですが、ポテンシャルが高いデッキに成っているので、練習する価値は、十分に有るはずです。

 

大会直後という事もあり、デッキリストは、調べればいっぱい出てくると思うので、あなたに合ったデッキを見つけ、ランクマッチに挑んでいただければと思います。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、先日開催された”RAGE 2019 Autumn”の振り返りをさせて頂きました。

前回のRAGEは、ロイヤル環境でしたが、今回は直前にナーフがあった事もあり、比較的多くのクラスそしてデッキタイプが活躍できる、見ていて面白い大会になったともいます。

もし「土日は出かけていて見れていない!」という場合は、有料会員にならなくても、OPENRECでは、1日2本まで過去の動画が見れるので、是非見てみて下さい。

あ!別に案件とかじゃ全くないです…。(笑)

 

それでは、この辺りで終わらせていただきます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, , ,

執筆者:

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter