特別体験版@MHXX

【MHXX】高段階矢3連発!特別体験版で「弓×ブレイヴスタイル」を試してみた感想まとめ【ゆみ】

投稿日:

ブレイヴ状態で剛連射によって、3連続で高段階の矢を発射できるようになった弓って、どうなのでしょうか?

 

こんにちは!

どうも、ハンター歴11年のかっつんです。
※ダブルクロスでもハンターネームは、すぴかの予定です。

いつも、ありがとうございます!

 

私の中での勝手な企画「全武器種でブレイヴスタイルを試そう!」の第三回目です。

今回は「弓×ブレイヴスタイル」を試してみたので、ご紹介しようと思います。

(出典:モンスターハンターダブルクロス 公式サイト)

 

ブレイヴスタイル紹介映像で、ブレイヴ状態時に「通常溜め発射→剛射→剛連射」が射れる事が判明して、更なる攻撃力アップが期待された弓です!

あまりモンスターと接近しない遠距離武器でイナシを使う機会が少ないのかも知れませんが、使い勝手は、どうなのでしょうか?

 

この記事では、私が特別体験版で「弓×ブレイヴスタイル」を試してみて、色々と気付いた事や率直な感想などをまとめさせて頂きました!

 

目次の気になった項目だけでも結構なので、是非チェックして頂ければと思います。

スポンサーリンク

「弓×ブレイヴスタイル」の操作

はじめに、ブレイヴスタイルにおける弓の操作方法について、ご紹介させて頂きます。

特別体験版をプレイされる際に、見ながらプレイするなどして使って下さいね♪

「弓×ブレイヴスタイル」の操作方法一覧

コマンド アクション
R 弦を引き絞る (離すと発射)
空中R ジャンプ発射
A 近接攻撃
L+X / B ビンの選択
X+A ビンの装着
X 狙いを定める (空中:近接攻撃)
B バックステップ
Y 納刀 (長押し可) / イナシ (受け流し)

 

非ブレイヴ状態での連係攻撃

  • 納刀継続をからめた基本的な連係
弦を引き絞る 発射 納刀継続
R溜め R離す Y長押し

 

  • ブレイヴゲージを溜める連係
納刀継続 剛溜め 剛溜め発射
Y長押し R溜め R離す

 

ブレイヴ状態での連係攻撃

  • 基本連係Ⅰ
納刀継続 剛溜め 剛溜め発射 真剛射
Y長押し R溜め R離す A

 

  • 基本連係Ⅱ
弦を引き絞る 発射 剛射 剛連射
R溜め R離す A A

 

  • 溜め中回避
弦を引き絞る バックステップ バックダイブ (任意方向) 弦を引き絞る
R溜め A / B ◎+B R溜め

◎:スライドパッド

 

矢の様々な発射方法について

「弓×ブレイヴスタイル」では、矢の様々な発射方法があります。

 

非ブレイヴ状態では「通常溜め発射」と納刀キャンセルからの「剛溜め発射」のみが射れます。

 

ブレイヴ状態では、「通常溜め発射→剛射→剛連射」と3連続で高段階の矢を射る事が可能です。

剛射は、通常溜め発射よりも一つ上の溜め段階の矢を射る事が可能です。また、剛連射では、剛射と同じ溜め段階の矢を射れます。
※弓に通常溜め発射よりも上の溜め段階がない場合は、同じ溜め段階の矢になる。

 

そして、ブレイヴ状態では、納刀キャンセルで剛溜め発射を射った、後に真剛射を射る事が可能です。

 

 

▲目次に戻る▲

 

「弓×ブレイヴスタイル」の所見

それでは、私が「弓×ブレイヴスタイル」を使って感じた事などについて、いくつかのポイントにわけて、ご紹介させて頂きます。

 

 

剛溜め発射が慣れるまで難しい…

ブレイヴゲージを溜める方法として、納刀継続からの「イナシ」と納刀キャンセルからの「剛溜め発射」になります。

 

モンスターと近距離で対峙する事が少ない遠距離武器である弓では、イナシの使用頻度はさほど高くありません

ブレイヴゲージを溜めるには、主に「剛溜め発射」になります。

 

ですが「剛溜め発射」は、溜めに入ると移動と狙った方向を変える事ができません。モンスターが動かないタイミングで狙いを定める必要があります。

通常溜め発射でも、ブレイヴゲージを溜める事は、可能ですが「剛溜め発射」を用いた方が効率的です。

 

モンスターの動きを確り把握せずに「剛溜め発射」を射ろうとすると、モンスターのいない明後日の方向に矢を放ってしまうので要注意しましょう。

 

 

「通常溜め発射→剛射→剛連射」って、実際どうなの?

ブレイヴ状態でしか「通常溜め発射」以降の「剛射」や「剛連射」を射れない弓ですが、実際に3連続で「通常溜め発射→剛射→剛連射」を決めれるのでしょうか?

 

正直、素早いモンスターには、難しいと思います。ですが、モンスターには疲労状態もあり、全くチャンスがない訳では、ありません。

また、ブレイヴゲージを溜める際に使用する「剛溜め発射」は、曲射に依存するので疲労値の蓄積があると考えられます。

 

剛溜め発射に疲労値の蓄積があれば、モンスターは、疲労状態になりやすくなります。

ブレイヴ状態に以降したタイミングでモンスターが疲労状態になっていると「通常溜め発射→剛射→剛連射」の的になるので非常に強力です。

 

 

アクセルレインは、やっぱり強い!

抜刀時の移動速度と溜めの速度が速くなる弓固有の狩技「アクセルレイン」

 

クロスの頃にめちゃくちゃお世話になった狩技ですね♪

あなたも、弓を使った事があるなら、一度は「アクセルレイン」にお世話になったのでは、ないでしょうか?

 

ブレイヴ状態で「通常溜め発射→剛射→剛連射」と3連続で高い溜め段階の矢を射れる「弓×ブレイヴスタイル」とも相性は、抜群です。

ブレイヴ状態の限られた時間でより多くの「剛射」や「剛射→剛連射」を射るためにも「アクセルレイン」は、使い勝手がいいですね^^♪

 

 

「特定弾強化」が必須スキルになるかも…

弓では、剛射や曲射の威力を1.2倍にしてくれる「特定弾強化」が必須スキルになるかも知れません。

 

通常溜め発射よりも剛溜め発射など「特定弾強化」の恩恵を受ける矢の発射方法が多い「弓×ブレイヴスタイル」では、相性がいいと考えています。

「散弾・拡散矢UP」以外の弾強化系スキルが1.1倍なのに比べれば「特定弾強化」の1.2倍は、発動の機会が限られているものの十分有用です。

 

もし、あなたがダブルクロスで「弓×ブレイヴスタイル」を使おうと検討されているな、是非「特定弾強化」を採用して頂ければと思います。

 

 

▲目次に戻る▲

 

まとめ

今回は、ブレイヴスタイルで弓を試してみました!

 

弓×ブレイヴスタイルは、最初から「使いやすい!」ってなる組み合わせでは、ないかも知れません…。

 

ですが「剛溜め発射」に慣れれば、逸早くブレイヴ状態に移行する事が可能です。

ブレイヴ状態に入ってしまえば「剛射」、「剛連射」や「真剛射」を駆使してブレイヴゲージを維持しながら、強力な連係攻撃を決めてきましょう!

 

弓には、クロスで強力だったブシドースタイルがありますが、是非一度ブレイヴスタイルにも挑戦してみてください。

 

この記事が、ダブルクロスで弓に挑戦してみようと思われている、あなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせて頂きます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

レッツ、狩り充!
かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-特別体験版@MHXX
-, ,

執筆者:

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter