SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】Tier1デッキを自分好みにカスタマイズ!人形ネメシスの自由枠についての考察【BOS期ローテーション環境】

投稿日:

ミラー戦で先攻後攻以外にも、デッキ構築の微妙な差が勝敗をわける事もあります。

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

ランクマッチをしていると、「人形ネメシス」と当たる事が多いのですが、出てくるカードが微妙に違い「色々パターンが試されているんだな~」って思う時があります。

RAGE頃には、「天狐ビショップ」を見て「パペットルーム」採用型が流行ったりと、環境に合わせた構築がされていました。

 

同じアーキタイプのデッキを使い続けるにしても、デッキを使う人が実際に使いながら、環境や好みに合わせて、手札で腐りがちなカードを必要と感じたカードに差し替える事が大事だと思います。

 

この記事では、「人形ネメシス」で自由枠として採用されそうなカードと、その採用理由を簡単にまとめさせて頂きます。

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

自由枠とは…?

まず、簡単に自由枠について、ご説明させて頂きます。

 

「自由枠」とは、読んで字の通り自由な枠です。

簡単に言えば、デッキコンセプト上に絶対採用しなければいけないカードじゃないけど、環境や個人の好みによって採用されるカードが、自由枠にあたります。

 

例えば、サブの勝ち筋として終盤に単体で10点強の打点を出せるカードを入れてみたり、個人的に評価しているカードのポテンシャルを信じて空いている枠に採用するなどがあります。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

リソースの確保重視

それでは、初めにリソースの確保を重視する場合の自由枠を、ご紹介させて頂きます。

 

 

純心の歌い手

(画像引用:Shadowverse Portal)

 

3コストで、ファンファーレとラストワードで1ドローずつ、合計2枚のカードをデッキから引く事ができ、フィニッシャーである「人形の少女・オーキス」や「復讐の人形遣い・ノア」を引ける確率が上がります。

また、3コストという事もあり「奮励の儁秀・シルヴァ」の弾にする事も可能です。

 

パペットルーム

(画像引用:Shadowverse Portal)

 

合計、4枚の「操り人形」を手札に加える事が可能です。

「人形ネメシス」にとって、手札の「操り人形」の枚数は、とても大切で、このカードをプレイできていれば、盤面処理が楽になったり、8ターン目に「人形の少女・オーキス」をチョイスとしてプレイしやすくなります。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

前よりの構築

「人形ネメシス」を使っていると序盤に高コストのカードが手札に複数枚来てしまう事故が起きやすい印象を受けます。

 

そこで、「外界からの侵略者・バジリス」などの高コストカードの採用枚数を減らし、低コストのカードを多めに採用した前よりの構築にする事で序盤の安定性を高める事が可能です。

また、前よりの構築にする事で「奮励の儁秀・シルヴァ」のアクセラレート能力対象が増えるといった利点もあります。

 

 

ゴブリン

(画像引用:Shadowverse Portal)

 

先攻1ターン目で出せた時の「ゴブリン」は、本当に強いです。

現在、2コストでもスタッツが「1/2」や「2/1」など、ゴブリンと1対1のトレードが出来るフォロワーも多く、環境にもあっている気がします。

 

また、余ったPPでもプレイできるので邪魔になりません

 

熊人形の少女

(画像引用:Shadowverse Portal)

 

2コストでプレイするとなんの能力もありませんが、「2/2」と標準スタッツを守っているので、2ターン目にプレイしやすいカードです。

また、4PPでプレイすれば、「1/1」のバフ+「操り人形」を1枚手札に加えられるので、「立ち上がりし鋼の戦士・シロウ」を引けていない時の、先攻4ターン目の動きを埋める事も出来ます。

 

マキナサーヴァント

(画像引用:Shadowverse Portal)

 

後攻2ターン目に突進を持ちます。

2コストの確定除去が積みにくいデッキなので、後攻を引いた時の2ターン目の動きとして有用です。

 

オートマタナイト

(画像引用:Shadowverse Portal)

 

「清新なる銃設計士・ククル」追加前までは、3枚採用されていたくらいのフォロワーです。

ラストワードで「操り人形」も補充できるので、3コストを厚めに取りたい場合は、採用候補になります。

 

ジャンク

(画像引用:Shadowverse Portal)

 

ファンファーレとラストワードで1枚ずつ「操り人形」が手札に加わります。

このカードも3コストなので自由枠内で「オートマタナイト」と競合しますが、人形リソースを重視するなら「ジャンク」になります。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、人形ネメシスで自由枠として採用されそうなカードと、その採用理由を簡単にまとめさせて頂きました。

 

私のブログや他の方がブログや動画で紹介しているデッキを、まるまる40枚同じリストで使うのも良いですが、使いながら数枚差し替えて遊ぶのも、面白いと思います。

こう言った事を考えながら遊んでいると、いつもよりミラー戦が少し楽しくなるので是非一度やってみて下さい。

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせていただきます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, , ,

執筆者:

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter