SHADOWVERSE攻略編

【シャドバ】ルーニィ採用で勝ち筋2倍!新時代の「ギガントキマイラウィッチ」【ローテーション環境 / デッキコード付き】

投稿日:

CGSでは「次元の超越」が、DBNでは「次元の魔女・ドロシー」がローテーション落ちしてしまいましたね…。

 

こんにちは!

どうも、かっつんです。

いつも、ありがとうございますm(_ _)m

 

ウィッチは、CGS環境に続きDBN環境でもデッキのコンセプトカードを失いました…。

スペル系のウィッチは、戦力大幅ダウンと言ったところです。

ですが、「宿命の語り部・ルーニィ」が登場し、ローテーション環境でも戦えそうなスペル系のウィッチデッキが完成しました。

 

この記事では、超越やドロシーの代わりに、ルーニィを採用した「ギガントキマイラウィッチ」デッキを回し方を含めて、ご紹介させて頂きます!

 

目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

DBNローテーション環境対応「ギガントキマイラウィッチ」のデッキレシピ

それでは早速、DBN期のローテーション環境に対応した「ギガントキマイラウィッチ」のデッキレシピを、ご紹介させて頂きます!

デッキレシピ
生成コスト 36,200
デッキコードは、コチラ!

(出典:Shadowverse Portal)

 

いかがでしょうか?

 

基本的な勝ち筋は、序盤から「ギガントキマイラ」のスペルブーストを貯めていき9ターン目にリーサルダメージを出す戦法です。

「ロキ」は、この戦法を強く推す事が出来るので、1枚ですが採用しています。

 

また、「宿命の語り部・ルーニィ」でチョイスできる「滅亡の予言」で勝つプランへのシフトも可能です。

序盤で「ギガントキマイラ」が引けていない場合にはプラン変更を考えましょう!

 

「超越ウィッチ」同様キーカードが引けていないと厳しいように見えますが、このデッキには、キーカードが計6枚入っているので、比較的安定して勝ちプランを目指すことが出来るのでおすすめです!

 

 

▲目次へ戻る▲

 

ギガントキマイラウィッチの立ち回り

それでは、実際に「ギガントキマイラウィッチ」デッキを対戦で使用する際の立ち回り方を、「マリガン」「序盤」「中盤」そして、「終盤」4つのポイントにわけて、解説させて頂きます。

 

 

マリガン

最優先は「ギガントキマイラ」になります。

「ギガントキマイラ」のファンファーレ効果は、強力ですが序盤から手札に引き込めていないとスペルブーストが足りず勝ちきれません

事故が怖いかも知れませんが、低コストを多めに採用しているので全力で「ギガントキマイラ」を狙いましょう!

 

また、次点で残すカードは「宿命の語り部・ルーニィ」「知恵の光」です。

「宿命の語り部・ルーニィ」や「知恵の光」を残すケースとしては、どちらか一方だけが手札にある場合や、「ギガントキマイラ」とセットで「知恵の光」がある場合になります。

先手を取っている場合は「マナリアの知識」を「ギガントキマイラ」とセットで残すのもアリです。

 

 

序盤

序盤の動きとしては、盤面除去しながらキーカードを探す事です。

マリガンでキーカードを手札に呼び込めていれば理想ですが、毎回そんなに上手くいかないので、ドローを促進し「ギガントキマイラ」や「宿命の語り部・ルーニィ」を探しに行きましょう!

基本的には「ギガントキマイラ」プランの方が安定なので「ギガントキマイラ」を探します。

 

 

中盤

中盤は、2つある勝ちプランから、どちらか一方を決める時間帯です。

 

「ギガントキマイラ」が手札にある場合には、「ギガントキマイラ」プランを、「宿命の語り部・ルーニィ」しか手札にない場合は「滅亡の予言」プランを採りましょう!

「ギガントキマイラ」プランを採った際の「宿命の語り部・ルーニィ」でチョイスするカードは「導きの予言」になります。

当然ですが「滅亡の予言」プランの場合は「滅亡の予言」です。(笑)

 

キーカードが手札に来て以降は、盤面で不利に成らないように気を付けながらスペルブーストをドンドンかけていきましょう!

 

 

終盤

終盤では、スペルブーストが十分にキーカードへ貯まっているのを確認し、フィッシュを目指します。

 

「ギガントキマイラ」プランの場合、「ロキ」の効果と合わせて使う事が出来ていれば、「ギガントキマイラ」のファンファーレが2回発動し、勝ちやすくなります。

「ギガントキマイラ」のスペルブーストが不十分な場合は、「ロキ」を活用しましょう!

 

また、「滅亡の予言」プランの場合は、相手に一度ターンを返す必要があるので注意が必要です。

盤面をしっかりと除去したうえで「滅亡の予言」を使用して返しのターンで倒されないように気を付けてください。

 

 

▲目次へ戻る▲

 

まとめ

今回は、DBN期のローテーション環境で使える「ギガントキマイラウィッチ」のデッキを、ご紹介させて頂きました。

 

ギガントキマイラは、スペルブーストが重く、メインの勝ち筋にし難いように見えますが、除去が豊富に入っているので時間稼ぎがしやすくスペルブーストを貯める時間は、十分にあります。

また、「滅亡の予言」によるサブプランも採れるため、キーカードが引けないという事故も軽減されました。

超越ウィッチに代わるローテーション環境での、コントロール抑止のデッキとして機能してくれると期待しています。

 

秘術以外のウィッチを試してみたい場合などにピッタリなので是非一度、使ってみて下さい。

 

 

 

それでは、この辺りで終わらせていただきます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

 

 

仮充.com
管理人:かっつん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SHADOWVERSE攻略編
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

サイト内検索

Twitter